うに屋のあまごころ壱場

うに博物館紹介

博物館紹介 壱岐名物「海女さん」の道具や資料をジオラマで展示。壱岐とウニの知られざる魅力に出会えます。

うに博物館

団体のお客様の入り口から店舗への通路で展示しております。

  • 北海道から九州まで日本全土に分布する国内産のウニの標本を展示しています。
    北海道から九州まで日本全土に分布する国内産のウニの標本を展示しています。
  • 壱岐ではメジャーな紫うにの標本です。殻の全身に紫の色味がかかっています。
    壱岐ではメジャーな紫うにの標本です。殻の全身に紫の色味がかかっています。
  • 入り口から突き当たりまではウニの豆知識コーナーが続いています。
    入り口から突き当たりまではウニの豆知識コーナーが続いています。
  • 入り口正面には壱岐の海女さんのジオラマコーナーが設置されています。
    入り口正面には壱岐の海女さんのジオラマコーナーが設置されています。
  • 海女さんが取ってきたウニやアワビを入れる桶。浮きの代わりにもなります。
    海女さんが取ってきたウニやアワビを入れる桶。浮きの代わりにもなります。
  • ウニの殻を割ったり、身をかき出したりする様々な道具が展示されています。
    ウニの殻を割ったり、身をかき出したりする様々な道具が展示されています。
  • 売店に続く通路には海外のウニ標本を展示しています。巨大な殻に皆さん驚かれます。
    売店に続く通路には海外のウニ標本を展示しています。巨大な殻に皆さん驚かれます。
  • 通路を抜けると売店に出ることができます。季節によってはご紹介したウニが購入できます。
    通路を抜けると売店に出ることができます。季節によってはご紹介したウニが購入できます。
Top